犬島           訪問日:2009年4月19日

気持ち良い陽気に誘われ
以前より計画していた犬島散策へ行って来ました。

午前10時20分、宝伝港にある岡山市営宝伝駐車場へ到着。
駐車料金は\500/日(1回)

定期船乗り場までは歩いて1分。
出船は午前11時なので辺りをしばし散策する。


午前10時45分、乗船開始。
今日は暑いので風の当たる後部のデッキへ。

しかし予想外に乗船客が多く
出船時にはキャビンもデッキも人で溢れたよ。(^^ゞ



犬島までの乗船料は片道300円(小人150円)
船はのんびりと進んでゆく。



所要時間約8分で犬島港へ着岸。
港には財団法人:直島福武美術館財団運営の
犬島アートプロジェクトの建屋ある。



犬島港てこんなに賑わっていたのね〜。(^^ゞ。
唯一の桟橋は定期船から降りる人、乗り込む人で一杯だよ。



まずは観光案内図で場所を確認して
今回一番の目的地、精錬所跡へ向かう。



犬島港からは唯一の車道を南へ向かう。
途中、プレートの無い軽四が走って行った。(^^ゞ



しかし集落の中を歩いていても誰とも出会わないね〜。
会うのは猫のみ。(^^ゞ

そう言えば空屋が結構目立つね。



郵便局を過ぎると
レンガ積みの溶鉱炉、煙突、発電所等の跡が
異彩を放っている精錬所跡が見える。
映画やテレビ番組のロケ地として利用されたこともある。



しかしここからは精錬所跡に入れそうにないので
次の目的場所の犬島公園犬島キャンプ場へ向かう。

集落を抜けると道が広くなるが車も走らないのに
勿体ないよね。



港から約15分で犬島公園犬島キャンプ場へ着く。
まだオープンしたばかりなのか職員の方が
忙しそうにしている。



キャンプ場の東側が犬島海水浴場。
なんとなく南国ぽい景観だがちょっと電柱が邪魔だよ。



真っ白い砂浜には流石にまだ泳いでいる人はいないけど
ジェットスキーで遊んでいる人がチラホラ。
今日は暑いので気持ちいいだろうね〜。



施設は管理棟、トイレ、シャワー室がある。
う〜ん、とっても良い感じ。



ここには採石業が盛んだった犬島をテーマにした
芸大・美大生による石のアートが点在し
不思議な存在感を放っている。

この石のイスもアートの一つ。
作品名「スケッチ」
なかなか座り心地いいですよ〜。



案内板に記載されている海水浴場の東の展望台に行ってみるが
残念ながら荒れ放題で立ち入り禁止となってた。



海水浴場の東の外れにあるアート。
これは作品名「犬島に生きる石」
製作は名古屋芸術大学。



キャンプ場へ戻り休憩舎で昼食タイム〜。
メニューはおにぎりとサンドイッチ。
こんな景観の中で食べると美味しいね〜。



食後はまたまたアート見学。

これは作品名「(静かな)犬島の波」
製作は倉敷芸術科学大学。



こちらのアートは・・・名前を忘れた(殴)



これもアート。(^^ゞ
犬島という事で犬のアートだよ。



さぁ次は島の西部にある犬島自然の家へ行ってみよう。

一旦港近くまで戻りそこから軽く峠を越えると
左手前方に旧犬島小学校、中学校跡を利用した
犬島自然の家が見えて来る。



また右手には天満宮がある。
展祭神は菅原道真であり相殿に八幡大神(やはたのおおかみ)
春日大神(かすがのおおかみ)を祀ってある。
昔は犬ノ島にあったのを明治に現在地に新築遷座したとの事。



道なりにゆるやかに下ると海に突き当たる。
そこから泳いでも渡れそうな距離にあるのが犬ノ島。

犬ノ島には犬石明神「犬石様」があるけど
岡山化学工業株式会社の敷地内にある為
普段は入れないがお祭り日に限り
訪れることが出来る貴重な島なのです。(^^ゞ



その犬ノ島を眺めながらお茶タイムとする。

聞こえて来るのは波の音と鳥の囀りのみ。
今日は工場はお休みなのかなぁ。



次は犬島自然の家へ寄ってみる。
ここはシーカヤック、天体観測、ストーンクラフト
海辺の散策や海釣り等の自然体験活動が楽しめる。
ゆっくり泊まって楽しみたいですね。



再び峠を越えて犬島港方面に戻る。
海は実に穏やか〜。



ついでに犬島港の南にある山神社へ。

山神社は古来より島の採石場(丁場)の守り神として
採石業者の信仰を集めていた神社。
その裏手には大燈籠の跡があり、灯台の役目をしていたと
言われている。



午後1時過ぎ、犬島アートプロジェクトの建屋のある
犬島港へ戻る。



次は先程入れなかった精錬所跡へ東の海岸沿いに
行ってみるが・・・。



なんと!精錬所跡は
犬島アートプロジェクトの「精錬所」となっており
見学は完全予約制で入場料は\1000/人(15歳未満は無料)


残念だが今回は遠目に覗くだけとなった。(涙)



精錬所跡の東の島が無人島の沖鼓島。
でもよく見ると海岸に白い建屋が見えるよね。



沖鼓島の向こうが小豆島。



犬島港に戻ると午後1時20分発の定期船が出港中。
観光客で一杯だよ。

我々は次の午後2時発で戻る。



約40分程、港周辺を散策して過ごす。

港には狭いながらも待合室がある。
飲み物の自販機が設置され7〜8名位は座れるよ。



波一つ無い穏やかな犬島港内。
今日は島観光には最高の一日だった。

写真の左上に見えるのが八丈岩山。



午後2時前、定刻に定期船が入港。

早速、冷房の効いたキャビンへ乗り込みのんびり寛ぐ。
一便前の船とは比べられない程、乗船客は少ない。
午後2時、宝伝港に向け犬島を後にした。


犬島をわざわざ旅日記で紹介する事はないと思ったが
結構、犬島の良さを知らない人が多い。
いや犬島自体を知らない人もいると思う。
そんな事からこのHPを見て
犬島を訪れる人が増えれば島の活性化に少しでも
お役に立てると思い掲載しました。

HOME               旅日記