〜 きのこ目線の雑木林 〜
2002年4月12−26日 総社市


一雨 二雨  雨がよく降る季節です

いつもの林へ 雨上がりにブラッといってみるとー

なにやら絵になるようなー

双葉の傘をさした 可愛いきのこ



切り株の隙間に
あんパンみたいなきのこが〜!

ちょっと気になる裏側は・・・

のーっぺらぼうのペロペロン



アベマキの木の下に お皿みたいなきのこがあるぞ!


うーん,チャワンタケの仲間かな?
近づいてみて

どっ ひゃぁぁぁ〜

な〜んと
きのこが生えているのは軍手!

そんなのあり?
ツバキンならぬグンテキンか?

気になる根本あたり
顕微鏡で覗いてみると
やっぱりちゃんと軍手から生えてました

それにしても,
ダニやミニ芋虫のなんて多い軍手だこと!
ちっちゃな分解者が蠢く
ゾクッと来る世界でした…(汗)


こばし仮称「グンテキン」横に フッと目をそらすとー


ニョキッときのこ
すっごく粋なシマシマ模様ー♪

くねったり    ひらひらしたり   すぼんだり  

 

傘をじっと見ていると  あははは  何かに見えてくる

(横)パンの「クグロフ」〜! (上)カッパ何様カッパさま〜♪ (裏)ハートが大集合

「スジオチバタケ(筋落ち葉茸)」

これってまだまだ開くのかな?
開いてみたら どんな傘?

で…2週間後 やっぱり見に行ってしまうのでありましたー



ふんわり ふわっと 落下傘♪
お乾菓子のようにも見えるかなぁ

         かと思えばー 開かなくて果ててるものもー
ミイラ状態多数…


出ても  開いても  枯れても 
いつも誰かと寄り添って  仲良しの可愛いきのこでした。





きのこ目線で足下あたりで目を懲らすと

おおおー
ちっちゃいのがいっぱい生えてるぞ〜!
(サムネイル付き)
プリプリみかん♪ スケスケのミニ傘 葉脈きのこ列車
なんか触りたくなる肌触り… おお〜。ウマノケタケとの再会! ミカンカップ
8ミリのミニ桃の傘♪(コウバイタケ?) ブチブチがちょっと苦手は人はツライかも・・・ 段だら模様
捜してみようと思わなかったら きっと見つからないきのこ達です〜



さて…っと
立ち上がろうと  ぐっと上を見上げてたら

むむむ
頭上に トゲトゲきのこ?
裏から見ると
三角羽根に 足だくさんー?

いやいや,これは…  
枝に掴まったまま果てた 蛾のようです
もしや,冬虫夏草なの〜?



残念なことに出がらし状態
成熟していたときには 薄黄色のツブツブが上部にあるんですって!

「ガヤドリナガミツブタケ」

いつからあるのかな。
今度行くときにもきっとあるでしょうね




おとっと 
じっと地面を見ているうちに あっと今に2時間経過
まだ5m程しか進んでいなかったりしてー

その間に出会った 通行人って  アマガエル君ただ一匹



きっと彼は こんな風景をいつも見ているんでしょうねぇ





おまけ

3月の最初に見たこのきのこ

しばらく 膨らんだり縮んだりして頑張っていましたが

とうとう末期状態になってました。

げげっ…