Porana racemosa Roxb.


2002.9.26

岡山県中 県道沿いの山斜面
にて





ル状で他の低木や草の上に,花や葉が広がっていて,
護岸面に垂れ下がったところ

2002.10.6

全景の一部
←この植物の生えている範囲は,
さらに右へ約3倍ぐらいの広さ。
画像は既に花は終わっている状態です。

花が咲いているときの一部の様子
←コンクリ上,薄い緑の範囲が
この植物で被われています。
右や中央フェンスのクズの上を被うという感じでした。
右下のいささか緑が濃い部分がクズ
中央の葛みたいな柱に絡んでよじ登っているのもこの植物。
この映っている範囲外も断続的に続いていました。
集団によっては,今が花盛りのところもあります。



花の様子
裸眼では
雌しべ1?
雄しべ5?
のように,一見みえました。
(細かく見るとわからないです)

花びらは元が合着
先は5裂。

花びらと雄しべがガクから離れます。



葉の様子
おもて(柄あり) うら 花が咲いている茎の元は柄がなくて,
茎を抱いています



花が終わった後の実のなりかけの様子





10.6現在, 一番大きかった実の様子です
一番大きな実(まだ未熟) ガクから出したところ 一番外側が薄い皮
中には1室で1個
種の中には双葉の前段階

熟した種の様子
(2002年晩秋撮影)



この範囲ではー

上の被っている部分はもとより
左下の緑部分で見ていたら,
地面から50センチほどの背丈の貧弱なこの草が,何個体も生えて,他の草に絡んでいました。
道ばたの緑部分にもあちこちにあります。
この斜面全体では,いったい何本あるかは解らないぐらいです。


その後,帰化植物専門の先生により
「Porana racemosa Roxb.」
であることが判明。


2003年5月6日には現場にたくさんの双葉が生えて,
秋には2002年より広範囲にわたって花が咲いていました。
(双葉の様子 2003.05.06撮影)




2004年の秋は,幅は倍増,さらに道の反対斜面(川側)にも広がっています。
(2004.09.28撮影)



なお,この記事に対するお問い合わせは 
   
rkoba@mx3.kct.ne.jp まで。