早春の花めぐり
〜 2002年2月10日 岡山県中部 〜


「セツブンソウが満開でした」

そんな便りを耳にしたら,もうじっとしていられない!
「セツブンソウとアカガエルの卵とヤマセミと・・・いろいろと見に行かない?」
ここまで並べられるとみんな乗り気でOKー!
本当はセツブンソウ以外は見られる確信がないんだけどなぁ・・・ふふふ。
そ〜れ,気が変わらないうちに,ドライブに出発〜!



ウワサ通り満開のセツブンソウ。

ちょっと前まで,貴重な花だと畑の持ち主の方は気が付かずに
増えて困るので除草剤を撒いていたんですって

野草は強い! その生える環境を守ってゆくのが難しいだけなのかな。
今は手厚く見守られてるセツブンソウ
ずっとずっと絨毯のように咲き続けますようにー



さ〜。今度はアカガエルの卵

「この辺にあるはず・・・」
去年見つけた干上がった池底へ,ずぶずぶ前進だー!

ううっ・・・
イノシシのぬた場に変身
やられた〜っ
いっぱいのイノシシの足跡と
ねっちょりしたドロに残る剛毛の跡。

のたうち回る姿が想像できる
そんなド迫力の現場でした〜。

まさか,アカガエルの卵の上で
のたうち回ったんじゃないよねぇ・・・



わ〜〜。かわいい〜
提灯みたいな蕾!

見上げてみると「アセビ」の蕾が列なってました
あれ? アセビって白い花じゃなかった?

おお〜,もしかして見つけものかな!

と思ったら・・・
蕾が大きくなると ち〜ゃんと白くなるのねぇ
ガクッ




まだまだ枯れ野
だからこそ見つかる
見つけものも いと楽し!

イバラにしっかり付いた
トックリバチの巣

葉が青いときには
まず気が付かない
ウスタビガの繭

どちらも芸術的!
もう空き家ですが・・・





枯れ野だから目がいく美しいもの
木肌もなかなかビューティフル〜♪

ツバキの木肌

ツタ類の木肌



ぽとん

あちこちに落っこちたヤブツバキの花

落ちたところは ユキワリイチゲの葉っぱの波の中ー
ユキワリイチゲも もうじき蕾が出てきそう。
咲くとさぞかしゴージャスでしょうね!




さ〜,今度はヤマセミだー!

とは言ったものの
やっぱりうまく問屋は卸さずー。
子どもは石投げをしてハイ終わり。
そんなもの

ヤマセミの代わりに 川辺に猫がたくさん

ふわっふわの きらきらの
ネコヤナギ・・・
早春の輝きです



さあ,帰ろう

帰路の通りすがりの道ばたで・・・黄色い花がチラッ





「と・止めて〜〜」 
ブツブツ言われつつ車をバック。

枝をう〜んと頑張って寄せて見てみると  やっぱり春の使者「マンサク」


ガクや中まで黄色くて,これはきっとアテツマンサク!
ずっとずっと逢いたかった 早春の花ー。

春一番に「まず咲く」から「マンサク」だって・・・




 冬と春を結ぶ そんな季節の旬探し。
暖かいような寒いような そんな日に出会った早春の花
満足満足のお散歩でした。

あ・・・
結局,アカガエルの卵もヤマセミも,みられなかったっけ。
ま,子ども楽しくつき合ってくれたし
いいことにしましょう〜
日に日に変わる微妙な季節 この清々しい自然をきっと感じてくれたはず・・・