〜 早春スケッチ 2003 〜

2003年3月5日 岡山県中部


3月〜!

そろそろ山は春色めいてきたかな?
ちょっと春探しに出かけてみなくっちゃ

いそいそとお気に入りの場所に行ってみたら 

いきなりこんなものが…

小枝につららがたらり〜ん


うう…川風も冷たいぞ…

春なのに冬景色
きらきらの春の光だから
これもまたいいか。

ついナデナデしちゃう
早春のつらら




蜘蛛の巣に 水玉テンテン 綺麗だな〜
というのはよくある光景。

でもでも…この水玉はただものじゃないみたい

なーんと 水玉の中に 氷が浮かんでるー♪
キラキラ倍増の水玉しぐれ
全部凍ってるときって どんなのかな?

早春の林って
予想以上に 冷え冷えなのでした。




遊歩道でみっけ♪

ポトンと落ちてた ドライフラワー
栽植のガクアジサイ?
オシャレな格子付きにビックリー♪
どんな種がこぼれ落ちたのかな。
ぱっくん三つ組
カラスザンショウ (thanksT田さん)
テカテカの種が,ちょっぴり残ってる♪

枯れても 色あせても 存在感抜群のドライフラワー
脈々と命をつないでいるんだものね




ドライだけじゃなくて 現役の実だってコロリーン!

落ちてるアオキの実
あれあれ?
とっても 傷だらけ

はは〜ん
小鳥にさんざん突かれたのかな。

確かに食べにくい ツルツルの俵型

くちばしからこぼれた 真っ赤な実。。

アオキの木には

蕾がたっぷり。


プチプチのカズノコ感
実りかけって

菱形なの??

予想外な形でした〜





小鳥といえば…


まるで 林の縦笛だ〜!


森の大工さんは コゲラかな?

虫さがしかな? ドラミングかな?


スゴイー!
これはまさに 執念のつっつきあと!





そうそう,忘れちゃいけないアサギマダラの幼虫

あれから どうなったかなぁ…

ミッキー型の食べ痕も気になります。


←2月17日のミッキーマウス

そして,半月後の今は…

あはは!
ミッキーがとんがり帽子被ってる〜〜♪
しかもボンテン付きね。

虫の食べ痕って 芸術的ー

葉っぱをひっくり返してみたら
ここの場所で 初めて蛹の殻みっけ!

すけすけの とってもデリケートな蛹の殻。
ここでちゃんと育って蝶になったっていう 大事な証拠品
想像するだけでワクワクするの


あっちではペアだったり  こっちでは毛虫と同席だったり
総勢10匹以上のアサギマダラの赤ちゃん

暖かくなったら もりもり食べて ふっくら育ってね!
時々見に来るからね。



そろそろ あのシーズンです


椿の下には…
ツバキキンカクチャワンタケ

ユキワリイチゲの近くには

アネモネタマチャワンタケ

ばっちり 花の時期にあわせて生えてくる。
毎年ながら,あっぱれなキンカクキン!




固いキノコだけだった林に
柔らかキノコも増えてきました









しゃがみついでに ミクロアイで見てみると

うわぁ。
岩の上に
飛び石みたいなブツブツ〜
1つが2mmぐらいかな
ちっちゃーい。


キレイでもあるんだけど
吹き出物っぽくもあります
見方によっては
ちょっと背中がゾクッ?

地衣類の仲間かな。




河原の石の間から
にょきにょきっと 可愛い芽

このびっしり感をみていると
貝割れ大根を思い出したりして…



頬を撫でる風が まだまだ冷たくっても

ちゃ〜んと 山には春が来ているみたい

今度来るまで 動き出した春は 待っててくれないでしょうね。

次にくるときは別世界かも

たのしみたのしみー♪