★ 地デジ・ヘンテナアンテナの製作 ★  2013/12/31




以前から設置していたデジハットに追加して、地デジ用のヘンテナアンテナを作ります。

左の図面をクリックすると大きくなります。













アンテナエレメントには、3mmのアルミパイプを使用しました。















ブームは、ダイソーで、長さ60センチのタオル掛けを買って来ました。














3.2ミリのドリルで穴明けして組み立て。















多用途強力セメダインで固定。













マッチングの為に、バズーカマッチを作りました。

同軸ケーブルを140mmでカット。

被服を取ります。












網線を中へ寄せて













芯線から、外します。

芯線の銅線は、後で結束に使用しますので抜いておきます。












@ 同軸の先端から60mmの部分の被服を取り去ります。

A 被服を100mm残して、10mmの部分の被服を取り去ります。









B 芯線から外した網線の端を、10mmの部分に被せて導通させます。

C 抜いておいた芯線の銅線で、10mmの部分を縛ります。

D 更に同軸先端の被服の部分に、網線を伸ばし芯線の銅線で、先端部分を縛ります。
注意・被せた網線の先端は、同軸の外側の被服から飛び出さないようにする。








E 銅線の上からハンダ付けをして導通を確かにします。















F 網線の残った部分を折り返します。














F 銅線の上からハンダ付けをして固定を確かにします。















G 網線の残った部分を折り返します。














出来上がった、バズーカマッチの部分。















出来上がった、バズーカマッチの部分をブチルゴムテープで防水加工します。














ブチルゴムテープで網線の部分を巻いて防水加工しました。














同軸の網線を細くまっすぐにしてハンダで固定します。















同軸をブームに固定します。















給電線をハンダ付けします。














給電線をハンダ付けします。















給電線は、水平にします。















多用途強力セメダインで同軸の分岐部を防水。












































現在使用しているデジハットよりも
性能は良いようです。

デジハットでは映らなかったチャンネルがOKとなりました。