ホーム 言葉の折々 尻取り川柳掲示板 画像掲示板 掲示板 ブログ
朝日と朝焼け 神社 四季の花 木の花 野の花 野菜の花
フォトギャラリー プロフィール

    言葉の折々
高梁市の木野山神社を木の山様として祭られ 信者の人生の指針を教えて下さった藤原都先生が2011年7月に亡くられました。
 
木野山神社は 瀬戸内海大山祗神社の分社です。
 
先生は 木野山神社で修行され 神様のお告げが分かる先達でした。
 
信者の皆様の人生の節々を聞かれ尋ねられ指針を与えて下さいました。
 
その講和の中から載せました。
 
先生は、お参りする度びに まだまだたくさんのお話をして下さいました。
 
しかし、私の記憶不足で一部になりました。
 
2006/12/20    良い種を・・・
 
よい種を撒くと良いことが起きる
 
悪い種を撒くと 悪いことが起きる
 
美しい心の一つには他人の幸せを喜ぶ心
 
嫉妬心は体を痛める
 
心清浄にして健康に過ごす
 
感謝して過ごす
 
悩んだり 腹を立てることは 皴のもと
2006/12/02    良い人間に・・
 
良い人間に育てること それが財産となる 
 
家庭は 思い思われる仲に
 
運の良い悪いは 己が作る
 
人に投げた棘は自分に帰る
 
自分で作った棘は自分で抜け
 
人が見ているか見てないかにかかわらず 良いことが出来る人になれ
 
人の幸福を喜べる人に
 
一歩譲れる人に
 
友達を親友と思えば 友達はその人の親友になる
 
悪いことに早く眼を覚ます人になれ
 
人間は諦めも大切
 
お金も生き物 棲みよいところ棲む
 
その日 その日が 健康で一日何事もなければ幸せ
 
人は上に上りつめなくても良い ほどほどが良い
 
現在の幸せに感謝
 
角を取る人
 
家庭に棘はいらない
 
生きて無病の喜び
 
相手の心を知る人に
 
神様が守りやすい人に
 
悩まない くよくよしない人に
 
悔いのない一日を暮らす
 
あの人がこの人がと思わない 因果は自分に帰る、自分の体を痛める 
2006/12/01    以前の言葉の折々は・・・
 
以前の言葉の折々はここからです
 
 
家庭が調和する、家庭円満(一人の力は弱いが纏まると強い)
 
夫婦家族の思いやり
 
親しき中にも礼儀あり( 家族一緒も 夫に妻に)
 
礼儀をわきまえる
 
心の分限者に
 
心の分限者(心が大きくなると正しい判断ができる)
 
自分の不幸 失敗を人のせいにするな(自分の不注意、身から出た錆)
 
ボケない人(粋な人 おしゃれをする人 音楽を聴く人 感動するする人)
 
ボケる人 (感謝しない人 不足をいう人)
 
笑う門には福来る
 
笑いは癌をも直す
 
金を追うものは 金に追われる
 
足元の幸せを見よ
 
足るを知る
 
人の善意がわかるに人間になれ
 
体の手入れは 衣食住
 
御身を大切に
 
努力と運勢は ついて回る
 
人生はなるようになる
 
ボロは着てても心は錦
 
求める気持ち(心)になるな
 
相手に手を合わす
 
相手を直そうと思わず自分を直す
 
生きているうちに確り徳積みをせよ 死んでからでは何もできない この世に悔いを残さない
 
行わずして徳は供わらない
 
腹を立てない 不足を言わない 喜びを持つ人に
 
成るほど 成るほどと 思えば思うほど成功する
 
詫びる心は美しい
 
気の毒な人はその時は修行している
 
災い転じて福となる
 
大きな芽 希望の芽を育てよう
 
負けるが勝ち 損をして徳をとれ
 
備えあれば憂いなし
 
一手の遅れが先手の遅れ
 
今日は他人事明日は我が身
 
天下国家の安泰を祈る(自分の幸せも、国家が安泰していればこそ)
 
世間を見ている人の意見を聞く
 
温故知新
 
一服の心
 
反省する心
 
感謝の心を持つ
 
感謝する心は健康になる
 
当たり前のことに感謝できる心
 
感謝すれば愚痴もない不足もない
 
洗心養心
 
運命の手入れは信仰心
 
神様に好かれる人は家庭が調和する、家庭円満(一人の力は弱いが纏まると強い)
 
夫婦家族の思いやり
 
親しき中にも礼儀あり( 家族一緒も 夫に妻に)
 
礼儀をわきまえる
 
心の分限者に
 
心の分限者(心が大きくなると正しい判断ができる)
 
自分の不幸 失敗を人のせいにするな(自分の不注意、実から出た錆)
 
ボケない人(粋な人 おしゃれをする人 音楽を聴く人 感動するする人)
 
ボケる人 (感謝しない人 不足をいう人)
 
笑う門には福来る
 
笑いは癌をも直す
 
金を追うものは 金に追われる
 
足元の幸せを見よ
 
足るを知る
 
人の善意がわかるに人間になれ
 
体の手入れは 衣食住
 
運命の手入れは信仰心
 
神様に好かれる人は健康な人 清潔な人 正直な人
 
神様から 御かげを授かる人になれ
 
神様 仏様に挨拶をするのは礼儀である(人に挨拶をするのと同じ)
 
神仏にの目にとまれるひとになれ
 
神仏に好かれる人になれ
 
人が生きていくには 運命・なるほどと思う心・努力・この三つが必要
 
辛い事 不安に思うことがあると 両手を合わせて柏手を打ち神様に任せる
 
感謝の不足は 腐敗 不足 心配を招く
 
損をして徳をとれ
 
心の分限者になるように
 
何か取り柄のある人に
 
親しき中にも礼儀あり
 
子供には ありがとう おかげ様です・ すみません・この三つがいえる子供に育てよ
 
初心にかえる(温故知新)
 
人にふり見て我が振り直せ
 
負けるが勝ち
 
運命の手入れは信仰心 体の健康は食事
 
前のページ 目次 次のページ