平成29年度 医療法人天和会 松田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 5 13 26 89 110 443 627 564 113
平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者数の集計です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科・胃腸科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050XX97X0XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし 71 13.24 11.44 0% 75.93
060035XX99X60X 結腸の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン等(6) 副傷病なし 53 4.72 4.47 0% 69.11
060020XX99X7XX 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2:サイラムザ(7) 副傷病なし 43 7.26 7.98 0% 68.02
060040XX99X4XX 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 処置2:5FU+アイソボリン+カンプト/トポテシン(4) 39 4.15 4.52 0% 73.31
060040XX99X60X 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン等(6) 副傷病なし 33 3.73 4.38 0% 59.21
外科・胃腸科では消化器のがん治療に力をいれており、特に肝臓は肝切手術とラジオ波、血管塞栓術等を併用し高い治療実績を上げています。最も難しいといわれる膵癌や侵襲性の高い食道癌でも手術適応の方には手術を行い、胆のうおよび胃・大腸切除術も内視鏡を使って低侵襲手術を行うことにより体への負担軽減に努めています。また、外来化学療法室を設置し、抗がん剤の治療にも積極的に取り組み、手術と併用し治療効果を高めています。県内はもとより遠方の地域の患者様も来院いただいており、かかりつけの医療機関と共同し、地元へ帰られても安心して治療を継続できるよう連携し治療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 副傷病なし 29 22.24 19.94 10.34% 82.21
160800xx01xxxx 股関節大腿骨近位骨折 人工骨頭挿入術、肩、股等 25 32.76 27.09 52.00% 85.80 人工関節置換術(股)
070230xx03xxx 膝関節症 関節滑膜切除術 肩、股、膝等 15 9.33 9.87 0% 69.13 関節鏡下滑膜切除術(膝)
160760XX97XX1X 前腕の骨折 その他の手術 副傷病あり 11 9.91 9.82 0% 75.18
07040XXX01XXXX 股関節骨頭壊死、股関節症 人工関節再置換術等 11 26.00 23.14 9.09% 68.45 人工関節置換術(股)
整形外科では、高齢による運動機能低下に起因した転倒が多くなってきており、手術の必要な骨折(胸腰椎・股関節大腿骨近位骨折・前腕の骨折等)の患者さまが多くなってきており、人工関節置換術等手術にて対応しています。骨折の引き金となった骨粗鬆症の治療やリハビリを積極的に行い運動機能回復、維持向上を目指しています。また若年の方もスポーツ等で発症する変形性膝関節症は、滑膜切除・再建を内視鏡で低侵襲手術を行うことによって早期回復を図っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 32 9.31 12.34 0% 81.13
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし 18 11.44 20.83 5.56% 83.33
110070XX02020X 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 12 3.00 7.64 8.33 73.58 膀胱腫瘍手術(2日間)
膀胱腫瘍手術(3日間)
泌尿器科では、腎がん・膀胱がん・前立腺がんなどの腎尿路悪性腫瘍の手術を行っており、化学療法を併用して治療効果を高めています。数字にはあらわれませんが前立腺肥大症・尿道狭窄などの下部尿路障害なども他科の入院患者様でも多くの方が併存病としてお持ちであり、そのフォローアップを行っています。全科で手術を行っているため術後や高齢の方の肺炎、尿路感染などの感染対策を行っています。また、往診や訪問診療で入院から在宅へつなぐ役割も担っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 28 62 23 1 7
大腸癌 13 49 81 126 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 10 16 107 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
外科・胃腸科では、肝胆膵領域の悪性腫瘍、胃・大腸等の消化器悪性腫瘍に対する治療に力を注いでいます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 2 7.00 41.00
中等症 8 17.50 82.88
重症 27 16.11 79.30
超重症 2 29 80.00
不明
成人の市中肺炎(肺炎レンサ球菌による肺炎・インフルエンザ球菌による肺炎・細菌性肺炎・その他の肺炎)につき、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 17 29.41 77.59 29.41
その他
脳梗塞の患者様も近年増えつつあります
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科・胃腸科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 88 3.29 11.59 0% 76.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 48 3.00 3.00 0.10% 78.06 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 35 0.69 4.06 3.65% 73.00 ヘルニア手術(前日入院)
ヘルニア手術(当日入院)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股・膝) 20 2.05 22.85 0.05% 68.70 人工関節置換術(膝)
人工関節置換術(股)
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 20 1.00 7.25 0% 64.35 関節鏡下関節滑膜切除術(膝)
K0641 骨折観血的手術(大腿) 19 3.56 39.50 0.40% 85.05
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用可能のもの) 20 0.10 3.35 0.05% 75.40 膀胱悪性腫瘍手術(2日間)
膀胱悪性腫瘍手術(3日間)
K821-3 尿道ステント前立腺部尿道拡張術 10 7.50 4.20 0% 79.80
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 10 5.00 9.22 0% 73.40
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.60%
異なる
更新履歴
2018.9.29
平成29年度 病院指標を公開しました
当院で運用中の患者用パスを追加しました
2017.9.29
平成29年度 病院指標を公開しました