平成30年度 医療法人天和会 松田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 5 25 25 71 127 390 544 489 128
平成30年4月1日から平成31年3月31日までに退院された方の年齢構成を示しました。20歳未満(0.3%)20歳以上60歳未満(13.7%)60歳以上(86.0%)高齢化社会を反映して、高齢者が全体の6分の5を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科・胃腸科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050XX97X00X 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 12.20 10.42 1.85% 74.31
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 7.80 7.30 2.43% 65.68
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 31 4.68 4.96 0% 68.32
060020XX99X70X 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 サイラムザ7あり 定義副傷病 なし 31 8.23 7.51 0% 69.61
060020XX99X50X 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 エルプラット 5あり 定義副傷病 なし 25 3.84 7.61 0% 73.24
外科は、DPC対象入院で最も多いのは、肝悪性腫瘍の血管塞栓手術です。次は胆嚢の鏡視下手術あり、鼠径ヘルニアです。特に消化器癌の治療に力を入れ、胃癌や食道癌、胆嚢癌、膵癌、肝癌、大腸癌の手術を得意としています。特に肝癌は、肝切手術とラジオ波(RFA)、血管塞栓術(TAE、TACE)と化学療法を併用し治療効果を高めています。胃カメラ、大腸カメラ等を使った検査はもちろん、内視鏡手術を行い低侵襲手術を行い患者さんへの負担軽減と早期離床に努めています。また化学療法室を設置し、近年成長が著しい抗がん剤の治療でも新しい薬を積極的に取り入れています。御来院いただく方も近年県外からも多くなってきており、かかりつけ医と連携してご自宅でも安心して治療を継続できるようにしています。また早期診断治療を目的とし80列のマルチCT、Ⅹ線TV、3D超音波検査機器を更新(令和元年9月)、最新の治療環境を整えました。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 24 32.40 26.30 25% 79.58 人工関節置換術(股)
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 21 21.62 19.61 28.57% 82.19
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 11 23.18 24.26 9.09 76.73 人工関節置換術(膝)
070230XX03XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 関節滑膜切除術 肩、股、膝等 11 9.09 9.79 0% 68.82 関節鏡下滑膜切除術
160760XX97XXXX 前腕の骨折 手術あり(関節内骨折観血的手術等) 11 11.36 5.68 9.09% 77.80
整形外科では、高齢による運動機能低下に起因した転倒による骨折が多くなってきており、手術の必要な骨折では(股・膝)人工関節置換術・人工骨頭の手術を行っています。骨粗鬆症の治療や術後早期にリハビリを開始し運動機能の回復維持向上に努めています。また若年層の方でも膝関節(炎)症は、内視鏡で滑膜切除(再建)を行っています。骨粗鬆症の診断を脊椎、大腿骨の撮影によって正確に行えるDEXAを導入(令和元年8月)し、骨折リスクを早期に診断し治療に繋がるようにしました。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 32.74 20.92 3.23% 87.68
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 28 15.86 12.58 0% 15.86
110080XX991X0X 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 12 2.17 2.53 0% 74.67
110310XX01XX0X 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病 なし 11 15.18 14.34 0% 75.82
160960XX97X0XX 膀胱・尿道損傷 手術あり 手術・処置等2 なし 10 10.10 10.37 0% 75.50
泌尿器科では、膀胱がん、前立腺がんなどの尿路悪性腫瘍の手術を行い、化学療法を併用して治療を行っています。高齢の方は尿路感染と誤嚥性肺炎を起こしやすく、泌尿器科医がICD(インフェクション・コントロール・ドクター)として感染症対策を行っており、結果的に誤嚥性肺炎で入院される方が多くなっています。往診・訪問診療にも力を入れご自宅でも、安心して治療を継続できるように努めています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 37 32 44 1 7
大腸癌 12 59 159 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 11 10 76 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
外科・胃腸科では、内視鏡検査を行い胃癌・大腸癌の早期診断に努めています。特に肝癌の治療については多くの実績がありセカンドオピニオンも受け入れています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 48 15.79 83.73
重症 10 17.20 82.92
超重症
不明
市中肺炎は、当院でも増加傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
-
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科・胃腸科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 2.03 6.66 3.13% 66.03 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 55 2.57 13.93 1.82% 76.02
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 38 0.18 3.95 0% 68.66 ヘルニア手術(前日入院)
ヘルニア手術(当日入院)
DPC腹腔鏡の胆嚢摘出術は、低侵襲で行うため、術後の日数も短くできます。血管塞栓術とならんで、多くの症例数があります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝)(股) 20 1.00 22.35 15.00% 72.15 人工関節置換術(膝)
人工関節置換術(股)
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 3.00 40.36 14.29% 78.57
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 14 0.93 7.07 0% 65.79 関節鏡下関節滑膜切除術(膝)
整形外科では、人工関節置換術(膝・大腿骨)・膝関節鏡は事前に手術日を決めて行うようにしています。人工骨董挿入術は、転倒等で骨折した方の治療ということになるため術前後の入院期間が長くなる傾向にあります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24 12.22 26.52 4.17% 76.43
K7981 膀胱異物・膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 19 5.28 5.56 5.26% 72.89
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 13 0.077 24.54 7.69% 76.31 膀胱悪性腫瘍手術(2日間)
膀胱悪性腫瘍手術(3日間)
泌尿器科は、前立腺肥大等での尿閉治療、膀胱癌や前立腺癌などの治療を積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
更新履歴
2019.9.25
平成30年度 初版