キャンプ日誌
平成14年7月13日〜14日 広島県 びんご運動公園オートキャンプ場
★1日目★
 ゴールデンウィークにキャンプに行ってから、いろいろな行事でなんと2ヶ月もどこにも行きませんでした。
 とうとうキャンプ禁断症状が発病し、当日の朝に予約を入れ出発しました。(天気予報の雨マークがとっても気にはなったのですが・・・)

 行き先は、尾道ICすぐ近くのびんご運動公園オートキャンプ場です。今回が初めてのキャンプ場です。以前よりHPなどで情報を収集していたもののなかなか詳しい情報がなく、「百聞は一見にしかず」と諺にあるように自分の目で確認に行きました。
 びんご運動公園は、その名のとおり、運動するための施設が充実しており、陸上競技場・野球場・テニスコートなど広大な敷地にいろいろな施設がありました。その一角に、大型遊具のある広場があり、子供たちは、ここで次から次へと遊具遊びをしました。
 なかでも左の写真のジャイアントスロープは迫力満点で、全長70メートルの人工芝をを専用のそりで滑り降ります。子供1人で滑らすのはちょっと心配でしたが、身軽な子供のほうが大人より上手に滑っていました。登るのが大変なので、何回もとは行きませんでしたが、他に類のない遊具に子供たちはとても喜んでいました。

 天気が良く、とても暑かったので、昼からは同じ敷地内にあるコミュニティプールへ行きました。このプールはだれでも利用できるのですが、スイミングキャップ(帽子)が必要でした。水着は持っていたものの帽子は持っていなかったため、家族全員分受け付けで購入しました。(1つ500円でした)

 プールは、屋内にあり、室温も水温も管理されており非常に気持ちよかったです。女性には大敵の日焼けを気にすることも無かったです。

 ただレジャー用のプールと違い、小学生以上は大きいプール、幼児は小さいプールと分けられており、それぞれ保護者が付き添わなければならないので、子供たち同士を遊ばせてやることはできませんでした。ビートバンやヘルパーも用意されていて下の子も喜んで泳いでいました。場内の管理もしっかりしていてルールを守らなければ注意されます。

 3時にプールからあがり、キャンプ場へチェックインしました。管理棟で受け付けを行ったところ、今日の宿泊は、我が家を含めて2組だけなので、好きな場所を選ばせてくれました。管理人さんの薦めもあり、他のサイトより少し広めのA−10のサイトに決定しました。管理棟より少し離れているものの、区画切りの都合上他のサイトよりも広くなっていました。
 
 サイトには、炊事台がありその周りが砂敷きになっており、一段高い所が芝生敷きになっています。とりあえず、芝生にテント、砂地にスクリーンテントを設営しました。砂地は堅くて、ペグがささりにくかったです。

夕飯の支度を簡単に済ませ、再度遊具遊びに出かけました。
何しろ、今日の日中はとても暑く、遊び足りるより先に、暑さに負けてしまっていたからです。


 
★2日目★
日が暮れるまでたっぷり遊びました。キャンプ場と、この遊具施設までの移動が、歩いてはちょっと難しいことが残念ですね。子供の歩いていける距離であれば言うことは無いのですが・・・・
2日目もテント撤収後、また、公園へ。今日は天気も涼しかったので、午前中しっかり堪能して帰路につきました。
家からの距離が、車で約1時間。週末、キャンプに行っても疲れない場所にあるのが、良かったですね。
美味しいものをたくさん食べて、しっかり遊んで、たっぷり寝て、すっかりリフレッシュできました。
今回は、カラスにふりまわされました。食材のお米とマヨネーズ。特にお米はちょうどしか持って来ていなかったので、朝コンビニに買い出しにいかなければなりませんでした。