キャンプ日誌
平成15年6月7日〜8日 岡山県 高瀬湖畔キャンプ場
★1日目★
 今回も週末の天気を確認してから、前日に予約をしました。梅雨の真っ只中でもあるためです。
 朝から、自宅付近はとてもいい天気なので、キャンプ場へ少し早めに入りました。
 『今日は2組だけなので好きなところをどうぞ』ということで、通常なら1000円高いオートキャンプサイト大にしました。もちろん料金は普通サイトの料金でした。
 テントとタープの設営も終わり、昼食の準備を、し始めたとたん、空模様があやしくなり、雷の音も聞こえ始めました。
 程なく雨がポツリ・ポツリと降り始め、雷もどんどん近づいてきたため、とりあえず車の中に非難しました。すぐに通り過ぎるだろうと思っていましたが、雨も雷も尋常ではない状態になりました。
 昼食作りは中止し、近くにあるみどりの館レストランで済ませました。
 食事が終わっても一向に降り止む気配がないので、神郷温泉にいきました。

 ここの温泉は、露天風呂、水風呂、打たせ湯、薬草湯、サウナといろいろなお湯が楽しめるようになっていましたが、露天風呂だけは、大雨のため泥水がたまっていました。女風呂は大丈夫だったみたいです、夕方まで、ゆったりと時間をすごしました。
 畳敷き休憩室があり、ここでのお昼ねは気持ちよかったです。
 夕方には、雨の雷もおさまり、晩御飯&焚き火を楽しみました。
★2日目★
 翌日は、5時ごろより、人の話し声&爆音で目がさめました。爆音というのは、花火の音です。それも爆竹が1回だけでなく30分の間何回もです。寝ていられる状態ではないので、様子を見に外に出てみましたが、一面霧がたちこめており、何にもみえません。声と爆音だけが、静かな山間をこだましていました。後でわかったことですが、コテージに宿泊していた近畿地方より来ていた○○大学御一行様でした。少しはマナーを守ってもらいたいものです。

 朝食の後、キャンプ場内の施設の探検をしました。前日非難したレストランのそばに、小さいながらも遊具があり、子供たちは早速あそんでいました。

 キャンプ場の端の方にあるり橋にも行ってみました。
 キャンプ場をチェックアウトしたのち、帰宅する途中で世界一の親子孫水車を見に行きました、

 ここで、記念に手漉き和紙でうちわを作りました。全工程30分ほどで、もみじの葉っぱをすきこんだきれいなうちわができました。