老人保健施設とは、「病状が安定していても、在宅療養は難しい。」といったお年寄り等の要介護者の方にご利用いただく施設です。明るく家庭的な雰囲気の中で、家庭復帰を目指す利用者の皆様の自立と在宅療養を支援します。
 老人保健施設と同様、介護保険での入所が可能な特別養護老人ホームとは目的が異なります。
 入所をご希望の際には、お申し込み時にご本人及びご家族の在宅復帰に対するご意向を確認させていただきます。
 また、入所いただけるのは入所判定会議にて「入所可」と判定された方になります。

 老人保健施設は介護保険でのご利用となります。入所をご検討の方は、在宅もしくは入院中を問わず、事前に要介護認定を受けておく必要があります。
 入所のお申し込みが出来るのは、「要介護1〜5」のいずれかの認定を受けた方で、「非該当」、「要支援1,2」と認定された方は入所の対象となりませんのでご注意ください。
 医療機関からのご紹介、ご家族等からのご相談を問わず、支援相談員がご相談をお受けします。施設の見学等をかねて、原則として来所していただくこととしていますが、こちらから訪問させていただくことも可能です。ご本人様のお体や生活の状況、今後のご意向等をおたずねいたします。
 施設の目的、入所の主旨をご理解いただいた上で、入所をご希望される場合は、お申し込み手続きをしていただきます。
 申込書のご記入は、施設への来所もしくは訪問にて行います。
 お申し込み書類がすべて整いましたら、施設にて「入所判定会議」を開き、入所受け入れの判定を行います。
 ご提出いただいたお申し込み書類やご本人様の身体の状況、ご本人様、ご家族の今後のご意向等をもとに判定を行います。
(入所判定会議は原則毎週月曜日に行いますが、施設の都合により開催されない場合がございます)
 入所判定会議にて「入所可」との判定となった方は、入所待機者として順番待ちの状態になります。
 順番待ちの方のベッドが確保出来ましたら、支援相談員よりご連絡差し上げます。また、入所日時の調整を行い、「入所利用同意書」の提出や入所時の持ち物説明、注意事項の説明等をさせていただきます。
 入所手続きの際には、保険証類、入所されるご本人様、ご家族の印鑑をご持参ください。
 新規の入所の方は平日の入所をお願いいたします。また、入所初日はご本人様も何かと不安を感じられることがございますので、しばらくの間付き添いをお願いいたします。
岡山赤十字老人保健施設 玉野マリンホームでは、支援相談員がご相談に応じます。

古谷(ふるたに)・平井(ひらい)

TEL 0863−31−5295(内線2241)

まずは、お気軽にお電話ください。

●ご本人様との交流のため、お時間の許す限りご面会にお越しください。
●ご面会の際には必ず、2階受付前にて面会カードへの記入をお願いします。
●ご面会時間は、午前8時〜午後8時を目安にお越しください。
●午後6時〜翌朝8時の間は、病院棟の休日夜間出入口よりお入りください。
●食品の差し入れは、必ずスタッフにご相談ください。

必ずお持ちいただくもの(必ずお名前をご記入ください)
□お薬(入所の方はお手持ち分) □下着(約5枚)
□普段着(約5枚) □パジャマ(約5枚) □くつ下(約5足) □タオル(約5枚)
□バスタオル(約5枚) □ティッシュペーパー □プラスチックのコップ □歯ブラシ
□歯みがき粉 □金属製のきゅうす □ふた付バケツ(25リットル程度のもの)
□ナイロンまたはビニールの手さげ袋 □洗面器
必要に応じてお持ちいただくもの(必ずお名前をご記入ください)
□リハビリシューズ □杖 □老人車 □防水シーツ □尿器 □エプロン 
□義歯用保管容器 □義歯洗浄剤 □義歯安定剤 □置時計
入所日にしていただくこと
@ 施設にお着きになりましたら、玄関右側の受付にお申し出ください。保険証等の確認をさせていただきます。
A 療養室に上がられましたらオリエンテーションがございます。その際、紹介状やお薬、診察券等をスタッフにお預けください。
B ご本人様が施設の雰囲気に慣れるまで、初めてのご入所の場合には特に、しばらくの間の付き添いをお願いいたします。
入所日の手続きにお持ちいただくもの
□介護保険被保険者証 □健康保険被保険者証 □後期高齢者医療被保険者証
□身体障害者手帳(お持ちの方) □重度心身障害者医療費受給資格証(お持ちの方)
□被爆者手帳(お持ちの方) □岡山赤十字病院玉野分院の診察券(お持ちの方)
□ご家族の認め印

原則としてご家族の方にお願いしています。やむをえない事情により困難な場合はスタッフまでご相談ください。(1キロあたり411円かかります)
入浴日には通常よりも多く洗濯物が出ます。入浴日は入所当日のオリエンテーションの際にお知らせいたします。

ご本人様への食品の差し入れはスタッフまでご相談ください。
現金、貴重品はお持ちにならないでください。紛失等の責任は負いかねます。
入所後もご家族との外出や外泊等による気分転換や交流を心掛けてください。外出や外泊のご希望の際には、各階サービスステーションにて届け出用紙にご記入ください。
入所後、諸事情によりお部屋の移動をお願いすることがございますのでご協力ください。
病状の急変等の際には、医師の判断により医療機関に入院となることがあります。
退所の際には介護保険被保険者証、健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証が必要となります。受付までご提示下さい。

毎月のお支払いの際には保険証類の確認をさせていただきますので、受付までお持ちください。
計算書は翌月の7日頃に出来上がります。受付にてご精算ください。
銀行振り込みをご希望の方は、別途ご相談下さい。