2017 日本リハビリテイション心理学会 学術大会

第43回 心理リハビリテイションの会 全国大会(岡山大会)


  ■大会概要

  ■大会日程

  ■大会趣旨

  ■参加費

  ■お問い合わせ


     

   





ボランティアスタッフを募集します】
   
下のファイルをダウンロードし、Faxでお申込み下さい。

ボランティアスタッフ募集


お待ちしています!

    
       

第43回 心理リハビリテイションの会全国大会(岡山大会)


大会テーマ「こころとからだのやり取りを見つめ直す」




 大  会  概  要 

  
 ◇期日   2017年12月9日(土)〜10日(日)

 ◇会場   岡山コンベンションセンター
         (〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町14番1号)

 ◇主催   心理リハビリテイションの会
         日本リハビリテイション心理学会
         岡山動作法研究会
         岡山県心身障害児・者家族会 八起会

 ◇協力  兵庫リハビリテイション心理研究会

 ◇後援  文部科学省,厚生労働省,岡山県,岡山県教育委員会,岡山市,岡山市教育員会,
  (予定)  倉敷市,倉敷市教育委員会,岡山県立特別支援学校校長会
        
 ◇名誉大会長  成瀬 悟策(九州大学 名誉教授)
 ◇大会長     橋本 正巳(くらしき作陽大学 教授)
 ◇実行委員長  大塚  認(岡山県立誕生寺支援学校 教諭)



 大  会  日  程 


 



 大  会  趣  旨 


  障がいのある人とその家族、そして教育や支援等に携わる教育、福祉、心理、医療など様々な領域の専門家が日本全国から集い、研究成果の発表や実践活動の報告、実技指導の公開などを通じて交流し、研鑽を深める「第43回心理リハビリテイションの会全国大会」が岡山県で開催されることになりました。岡山県では平成4年に第17回大会を開催しましたが、今回2回目となる全国大会を四半世紀ぶりに岡山県で開催させていただきます。
  心理リハビリテイションは、障がいのある人が自分の力を可能な限り発揮してよりよく生きていこうとする主体的な活動を育み、こころとからだの成長を促す指導・支援の取り組みです。1960年代に成瀬悟策九州大学名誉教授を中心に、脳性まひのある人のための心理学的アプローチとして創設されました。それは「意図通りに身体活動を実現する努力過程をとおして主体者に働きかけ、適切な活動を促そうとする援助活動」であり、脳性まひ児者の動作不自由の改善を目的として研究開発されてきました。その後、知的、重度・重複、自閉症スペクトラムなどの障がいなどのある人のための指導・支援の方法として、そしてストレスマネージメント教育における具体的なリラクセイションの方法として、その適用範囲を広げてきました。また、医療においてはうつや心身症などのある人への心理療法、さらには福祉における高齢者への健康動作法として幅広く活用され、その有効性が実証されています。
  こころとからだのやりとりを大切にしたかかわりが自己のからだへのより良い気付きを促すということは動作法の基本です。こころを受け入れながらからだを通して関わることは、特別支援教育においては自立活動の六つの区分を相互に関連させて支援していくことにつながります。また、福祉の面からは主体者の全人的な発達を促すことになり、結果として個々のQOLが高まることが期待されます。これらの取り組みのもととなる「身体運動(からだ)だけではなく意図・努力(こころ)にも働きかけていく」という、心理リハビリテイションの原点になる部分に立ち返ることを目指し、大会テーマを「こころとからだのやりとりを見つめ直す」としました。このテーマは、岡山が昭和45年に、地方で初めて心理リハビリテイションキャンプを開催し、以後47年間これを継続し今年で50回目のキャンプを夏に開催することができた原点にもなっていると思います。
  こころとからだのつながりを大事にした実践をこれからも積み上げていけるよう、本大会の中で研鑽を深めたいと考えています。

第43回心理リハビリテイションの会全国大会(岡山大会)実行委員会 



 参  加  費 

 ◇大会参加費
    一般: 8,500円
    学生(大学院生を含む): 4,000円
    トレーニーおよびOB: 無料
  
 ◇交流会参加費
    大人(18歳以上): 8,000円
    子ども(小学生〜18歳未満): 3,000円


 お 問 い 合 わ せ 

 ◇ 大会事務局
      岡山動作法研究会
       田邉 浩司 (岡山県立早島支援学校 教諭)

 ◇ E-mail アドレス 
     2017okayama@gmail.com