閉じる

●日照に関する誤り:

サラセニア (Sarracenia)、とりわけトランペット状に立ち上がるタイプのものは、極めて強い日照を必要とします。
このことは、それらはテラリウムでの栽培には向いていないということです。

 サラセニア (Sarracenia) をテラリウムや室内で栽培しようとしないで下さい。それでは十分な日照が得られません。

 ただし、例外はあって、サラセニア プルプレア (Sarracenia purpurea)、プシタシナ (S. psittacina)、ルブラ ルブラ (S. rubra subsp. rubra)、それにほとんどの種の実生苗だけは例外です。(これらは背が低いので、上に生える植物に日照を制限されることに慣れているのです。)

 トランペット状に立ち上がる サラセニア (Sarracenia) を栽培していて、捕虫葉が柔かくて倒れてしまっている場合は、日照が十分ではないのです。十分な日照があれば、捕虫葉は自らの重みに耐え、立ち上がるはずです。

●季節に関する誤り:

サラセニア (Sarracenia) には、春夏秋冬というはっきりとした四季の訪れが必要です。

 春には花を付けます。夏の初めの頃には、次々と捕虫葉を付けます。

秋には特に変化はありません(ただしこの季節に捕虫能力のない剣葉を付ける種もあります)。冬には夏の間に出た葉が枯れて行きます。

秋冬の間は決して根をいじらないで下さい。

 この変化は、低温 および/あるいは 日照時間・日照強度の減少によって、引き起こされるものだと思いますが、実際のところはどうなのか知りません。

 この成長が遅くなる季節を利用して、枯葉を切り落とすといいでしょう。

カットするのは枯れた部分だけにして下さい−−−生きている部分は決して切らないように。

 オレオフィラ (S. oreophila)、ルブラ ジョネシー (S. rubra subsp. jonesii)、プルプレア プルプレア (S. purpurea subsp. purpurea) は、冬の間、霜が降りるくらい寒い方がいいです。

 このように、四季の変化をつけて植物を栽培すると、毎春開花するでしょう。

これで植物もハッピーです!

閉じる