四国に八十八ヶ所巡りがあるのは、皆さんも良くご存知だと思います。
  八十八ヶ所めぐりというのは、四国のみならず、いろんな地方にあることはご存知でしょうか。
  香川県の小豆島、岡山県笠岡市の神島、岡山県南部にある児島半島等があります。
  今回私が、巡る旅は、児島八十八ヶ所巡りといって、岡山県南部にある児島半島に八十八ヶ寺あります。
  1番札所から88番札所までを、順番に紹介していきたいと思います。  

  児島八十八ヶ所霊場とは

  児島の地に霊場巡りが始まったのは、天保10年の頃だと言われています。
  児島柳田町、吉塔寺の住職円明和尚によって開設されました。1周は三十五里五丁(約140Km)で、
  四国八十八ヶ所巡りの10分の1の距離になります。
  日ごろの忙しい現実からはなれて、ゆっくりお寺巡りをしながらストレス解消をしてみてはいかがでしょうか。
  時には、お寺を巡り、自分を見つめなおす良い機会だと思います。
  また、お寺の住職とのひと時の語らいから、人生の教訓を学び取ることもあるでしょう。
  そして、人と人とのふれ合いを感じることが出来るのではないでしょうか。
  健康と、ストレス解消に、あまり難しく考えず一度、巡ってみてください。

入り口] [マップへ(おもたいです!!)] [ホームへ