10番札所 常泉院

「同行記」  平成12年5月6日

 このお寺は、8番札所で、あの竹やぶの中にあるからと教えていただいていたので、すぐに分かると思っていたのであります。が、やっぱりわからん、上から見たのと、実際に下を歩いて見ると、感覚がまったく違うのであります。でもなんだかんだとうろついていると、看板がちょこんと立っていたので、ここと思いながら進んでいくと、ありました。ほんと竹やぶの中にひっそりと建っていました。お参りを済し境内を見ると、見たことのない冊子がおいてありましたので、ちょこっとみると、「児島八十八ヶ所霊場」という冊子でした。これなら自分ももってるワイと思い、一冊取り上げて見ると、表紙はうぐいす色で、中を見ると、なんと再版平成12年3月と書いてるではないかい。いままで茶色の表紙が最新版と思っていたら、なんと古いものを見ていたことが判明したのであります。そうです、最新版は表紙がうぐいす色になっているのです。まさか、こんな無人のお寺の境内にちょこんと置いているなんて、信じられない気持ちと、得した気持ちになりました。これをみると、すべてのお寺で納経が出来ることが判明したのであります。いいものをみつけて、よかった。みなさんも、うぐいす色の表紙の案内書をもらってくださいね。

前の札所へ][インデックスへ][次の札所へ] [トップへ