19番札所 立江寺

「同行記」  平成12年5月6日

  昼食に、自分がとても気に入っているうどん屋さん「いしはる」がすぐそばにあるので、そこで肉天うどんとおでんを食べた。天ぷらは揚げたてで、うどんの中でじゅうじゅうといっている。アツアツの海老天がうどんの中で、踊っているようです。おいしいうどんを食べたら、また元気が出てきたみたいで、もう少し頑張ってやろうという気になったのです。やはり、腹が減っては戦は出来ないのであります。しばしうどん屋さんで休憩をとった後、19番立江寺に向かったのであります。お寺は、430号線沿いの海に面したお寺です。児島から行くと、王子ヶ岳に入る道を越えてすぐにあります。お参りを済ませて、納経をするために、電話で世話人の方にすると、家から出てきていただき、お寺で納経をしていただきました。ここで、初めてお遍路さんに会うことが出来ました。その方たちはもう何度も回っておられて、おばちゃんとも顔見知りのようでした。このように、地元に密着した飾らないお遍路みたいでした。


お昼ご飯を食べた、唐琴にあるうどん屋さん「いしはる」さんです

前の札所へ][インデックスへ][次の札所へ] [トップへ