22番札所 友仙庵

「同行記」  平成12年5月6日

  ここのお寺も旧道の住宅がいの中にぽつんとある、お堂でした。しかし、ここも解かりにくいのです。道をずっと見て歩いていては、行かれないのです。ちょっと一段高いところにあるのですが、そこへ入る道がいまいち、見逃してしまうくらいわからんのです。ずっと歩いていくとお遍路の道しるべが立っていますが、それは、23番用のものです。道しるべを見たら戻れです。なんだかんだといってうろうろしていると、やっと見つけることが出来、お参りを済ませました。納経は、お堂に場所の説明をした、張り紙がありすぐに分かりました。上之町の交番の北側の家でした。83歳とは思えないおじいさんがいろんな話をしてくれながら、納経をしてくださり、帰りに接待で缶コーヒーをいただき、のどを潤すことが出来てほっとしたのであります。

前の札所へ][インデックス][次の札所へ] [トップへ