8番札所 龍乗院 

「同行記」  平成12年5月6日

 今度こそは道に迷うまいと思って、ハンドルを持ったが、やっぱり道に迷ってしまった。たぶん畑仕事をしているおじさん太刀はあの車はいったい何をしているんだろうと、思っているのかなと思うと、なんだか体裁が悪くなる。地図によると老健施設のすぐなのでわかり易いと思っていたのだ。でも、お寺に入るのに、あんなに鋭角に曲がるとは思っていなかった。そうです、行き過ぎて振り返ったら山の中腹に建っていました。お寺に着くと、住職さんがお掃除の最中だったにもかかわらず、すぐに納経をしていただけました。そっして、お接待として児島八十八ヶ所霊場の案内書をくれました。もってはいたのですが断るのもなんだか悪い気がしたので、そのままいただきました。ここのお寺は10番札所も管理していて、納経をしてくれました。場所も教えていただきました。そして9番札所の納経は無動院へ入るところにおられる、藤本さんへ行けばいいということも教えていただきました。これで9番と10番は大丈夫だとこのときは思っていました・・・・・・・・


前の札所へ][インデックスへ][次の札所へ] [トップへ