外部変形「宛名印刷」- カスタマバーコード生成について

カスタマバーコード出力の制限事項

ご利用の前に

郵便物発送の際、カスタマバーコードの付加を含む所定の要件を満たすと割引を受けることができます。バーコード生成ロジックには自信を持っておりますが、出力品質によっては割引が認められない可能性もあります。ご購入の前に readme.jww にあるサンプルデータをお使いのプリンタで出力し、品質検査を受けることをお勧めします。詳しくはお近くの郵便局にお尋ねください。

カスタマバーコード生成機能

カスタマバーコードはアドレス帳データを元に生成しますが、住所のうち7桁郵便番号が示す範囲は区域によって異なるため、郵便番号辞書を参照して判別しています。必要な地域の「住所の郵便番号」ファイルと「事業所の個別番号」ファイルを日本郵便株式会社からダウンロードして同じフォルダに入れてください(全47都道府県分と事業所の個別番号ファイルのセットも用意しました。解凍してご利用ください)。辞書ファイルが見つからない場合はバーコードを生成せずに正常終了します。

本スクリプトは、元のアドレス帳データの7桁郵便番号・住所の表記が正確である事を前提としています。7桁郵便番号が示す住所と入力されている住所が異なる時にカスタマバーコードを生成しない仕様としております。代表番号(郵便番号の末尾が00のもの。「以下に掲載がない場合」に相当する)や「制限事項」に載っている事例以外でカスタマバーコードが生成されないデータがある場合は、元の住所録データベースに遡って訂正することをお勧めします。

手入力データによるカスタマバーコード生成

3番目のボタン [ コード入力 ] を選択すると、任意のバーコードデータをひとつずつ作成することができます。このモードだけはどの図面ファイルでも実行できますが、縮尺は1/1にしておいてください。
バーコードの記入位置(左下)指示の後にデータ入力が求められます。7桁郵便番号(ハイフンを含まない半角数字7桁)の後に空白文字を入れずに残りの住所を入力してください。漢数字による入力も可能です。

〒263-0023 千葉市稲毛区緑町3丁目30-8 郵便ビル403号 の入力例
26300233丁目30-8郵便ビル403号
〒123-8691 私書箱215号 の入力例
1238691私書箱215号

問答集 - トラブルシューティング

問答集

戻る


2005年6月公開

卯之介 <unosuke@mx2.kct.ne.jp>