40回小学生名人戦岡山県予選


平成27年2月15日倉敷市芸文館202会議質で開催されました。参加者は64人で過去最高となりました。
水島教室の荒瀬啓介君が2年連続岡山県代表となりました。
水島教室からも9人参加しました。

朝9時から受付
大山名人記念館館長・北村実先生がご挨拶
本日のルール説明
名人戦はトーナメント
A級は6年生と名人戦で敗けた子が入り5対局

B級は5対局

名人戦とA級は時計使用15分切れ負け
B級は20分経過したら3分切れ負けで時計使用
有森浩三七段のご挨拶
1局目開始
名人記念館の岡和俊先生と福成教室の山崎一先生

B級に進行を行ってくれました。
小林和也君、狩山智行君はB級に参加
渡辺真生君もB級に参加
斉藤義弘君は名人戦に参加
中野孔太君はB級に参加

狩山君と高田君
名人戦の進行は中村先生が行いました
名人戦の準決勝・守田君と荒瀬君
名人戦の決勝

荒瀬君と立藤君

15分切れ負けのルールだったが、二人が秒読みをつけてほしいと要望があり、決勝戦のみ秒読みをつけました。

二人とも5分くらい余して決着。
名人戦優勝の表彰

荒瀬君おめでとう。

勝ち越した子には敢闘賞があり、最後まで多くの子が残ってくれました。
名人戦入賞者
左から守田天真君 4位
坂根海斗君 3位
荒瀬啓介君 1位
立藤裕晃君 2位

実力のある4人がベスト4に入りました。
A級入賞者
B級入賞者
午後から有森七段の指導将棋があり、14人の子が指導を受けました。
狩山君は6枚落ちで受けました

戻る