2015年クリスマス将棋大会と納会


平成27年12月17日、父兄合わせて60人でクリスマス会を行いました。
3組に分けてプチ将棋大会を行った後、ケーキを食べながら納会を行いました。

1人4対局、A、B、C級に分けて行いました。
32人参加
A級の斎藤兄君と田中君の対局。

斎藤義弘君が優勝しました。
A級に参加した伊藤君と武林君
S級は荒瀬君は一人。

狩山幹生君が来てくれたので駒落ちで対局
荒瀬先生と小林さんが組合せを作ってくれました
15分過ぎても勝負のつかない所は難波先生が判定。

初級者の場合は
@駒をたくさん持っていること、
A玉の守りの固さ
Bどちらの手の番か

など、説明しながら判定しました。
荒瀬君はA級の子と駒落ちで対局しました。
降り駒で先手、後手を決めています。
低学年の好組合せ。

二人とも来年は飛躍してください。
吉本先生は狩山幹生君と対局。
小松原先生もあとから来られました。

狩山君は奨励会入会後、1年3ヶ月、順調に2級まで
昇級しました。次は初段目標です。来年中には達成してほしいです。
19時30分からクリスマス会

その前に今日の大会の入賞者に賞状を渡しました。
将棋で初めてもらう賞状はこれからの励みになるでしょう。

このあと大石が、今年1年の活動を報告しました。
中村先生の乾杯のご挨拶でスタート。

いつも教室で同じ人と指してると強くなった実感はないですが、
大会などに参加して他の子どもとしてみると上達したのがわかると思います。

大会にはどんどん参加してください。
父兄合わせて61人の参加者は過去最高です。
だいたい年の近い子どうしが仲良くなる感じです。
講師陣

ケーキを食べ終わった頃から、講師の方から1年の感想をいただきました。


小松原先生は今年の春に山陽アマ名人を獲得しました。

荒瀬先生は振り飛車を得意としています、振り飛車の指し方を教えてくれることが多いです。
来年も上級者に講義をしていただきます。

吉本先生はマナーをよくして、気持ちよく対局することが大切ですと話されました。駒を綺麗に並べると不思議と良い手が指せるそうです。
最後に難波先生が級位認定証を渡しました。

父母会からもクリスマスプレゼント(お菓子と図書券)を渡しました。
中級、上級者には荒瀬先生から渡してもらいました。
来年の父母会役員をしてくださる、差k元君のお父さんと武林君の
お母さん。
皆さん協力宜しくお願いします。
棋士の似顔絵の色紙があったので、をじゃんけんして
取り合いました。わりと人気が良かったです。

左端のは武者野六段ですね。
1時間納会をして、20時30分頃終わりました。

風邪を引かずに良い冬休みを過ごしてください。

来年の教室は1月7日(木)から始まります。

戻る