第14回全国小学生倉敷王将戦・県予選倉敷市予選会


平成27年6月14日倉敷市民会館で開催されました。
午前中の県予選には59人参加、午後からの倉敷市予選には25人参加しました。
水島子ども将棋教室からは、荒瀬君、斉藤兄弟君、小林兄弟君、渡辺君、狩山、小野君、武林君、田中君、伊藤君、
大玉君、坂本君、高田君が参加しました。
成績表はこちら⇒  県低学年   県高学年  市低学年  市高学年

午前中の県予選の受付。

倉敷文化振興財団の将棋担当の藤田さんと狩山君のお母さん
開会式
大山名人記念館の岡和俊先生の激励のご挨拶。

やはりマナーのことをお話しされました。

『お願いします、負けました、ありがとうございました』
必ず礼をしてください。
塚本先生が8月9日の菅井杯将棋大会告知。

早めに申し込まないと定員オーバーで参加できなくなりますよ
大会方法の説明

5対局行って順位を決めます。
開始語20分で終わらないところは時計を使用、3分切れ負け
1局目開始
狩山君は県予選で3勝2敗、敢闘賞でした。

荒瀬君は午前中の県予選では不振でいた。
坂本君は3局目に優勝候補筆頭の佐々原君にみごとに勝利
今日は大活躍しました。
伊藤君と大玉君は2人とも2勝3敗でした。
賞状筆耕は渡辺君のお母さんがしてくれました。
県低学年の優勝は宮田昌治君でした。
坂本君が3位になりました。
斉藤輝弘君が4位でした。
3勝した子には敢闘賞を渡しました。
低学年の部入賞者

左から坂本蒼哉君、宮田昌治、井口仁君

宮田君が優勝岡山県第1代表
井口君が準優勝岡山県第2代表
津山キッズ教室の子と大石と記念写真

大石の津山高専の同級生西村君の娘さんとお孫さんです。
森川先生から聞いてびっくりしました。
そういえば顔がそっくりです。

この10月の同窓会で46年ぶりに会います。
高学年の部決勝

守田君と立藤の対局
見応えがあり、二転3転の好勝負でした。
高学年の部入賞者

左から中村友一君(4位)
守田天真君(準優勝)
立藤裕晃君(優勝)
栄徳要君(3位)

立藤君が岡山県代表となりました
県予選は12時30分頃終了

13時から倉敷市予選を行いました。

倉敷市の子は地元枠があり、もう一回チャンスがあります。
午後からの倉敷市予選

高学年 16人参加
低学年 9人参加

5対局行いました
高学年組あわせ

斉藤義弘君は3勝2敗でした。
倉敷市役所支部の塚本さんが進行係りをお願いしました。

(真備教室の講師で将棋指導員、竜棋会の役員、選手など
多方面で活躍されてます。)
水島子ども将棋教室同士の対局、武林君と狩山君

教室でいつも対局しています。


小野君と田中君

2人とも3勝2敗で敢闘賞でした。
狩山君と小林昂士君は2人とも2勝3敗。
高学年の部決勝

守田君対荒瀬君
低学年の部決勝

坂本君と斉藤君
荒瀬君が昨年に続き倉敷市代表になりました。
斉藤輝弘君が低学年代表、2年連続です。
高学年の部入賞者
低学年の部入賞者
左から坂本君(第2位)
    斉藤輝弘君(優勝)
    篠原獅宝君(第3位)





代表になった子は全国大会で頑張ってください。

戻る