第15回倉敷小学生王将戦岡山県代表選考会・倉敷市代表選考会

平成28年6月19日倉敷市芸文館で開催されました。
今年は水島子ども将棋教室の子は代表になれませんでしたが、狩山智行君が倉敷市予選高学年の部で3位、栗元快君が倉敷市予選低学年の部で3位になりました。成績表はこちら

9時から受付開始
受付も長蛇の列ができました。
開会式で北村大山名人記念館館長のごあいさつ。

年々参加者者が増えて今年は会場に入りきれないほどになりました。来年からは低学年と高学年に部屋を分けて開催したいと思います。

大会要領説明

1人5対局
開始後20分経過しても終わらない時は3分の時計を使用

高学年1人低学年2人は岡山県代表で8月6日に行われる全国大会に出場できます。
3勝2敗以上の成績の子は敢闘賞がありました。
1局目開始直後です。
低学年の進行係りは岡先生
高学年の部の進行係りは中村先生
低学年の部上位3人

高学年の部決勝

代表決定戦だけは
持ち時間15分(10秒の秒読み)で対局しました。
高学年の部優勝の立藤君、2年連続優勝しました。
高学年の部入賞者
ここからは倉敷市予選会です。
14時から対局開始しました。

倉敷市予選は参加者26人で午前中の県予選と比べるとかなり少ないです。

知っている子供同士の対局も多く、親睦大会のような雰囲気です。
高学年の部決勝は小山君と平松君
低学年の部代表になった篠原君、大山名人記念館に通っています。
低学年の部上位3人

水島教室の栗元君が3位に入賞しました。
高学年の部優勝は児島の小山明洋君。

地元代表の子供は注目されますので、全国大会で頑張ってほしいです。
水島教室の狩山君が第3位になりました。
高学年の部入賞者

今日は王手がかかったままの対局や、成れないところに成った駒を取ってそのまま続いている対局や、王様を取られる対局や
いろんな反則を見ました。
対局前の挨拶はみんなできていましたが、負けました、ありがとうございましたの挨拶はできていない子もいました。

これから夏休みに向けて子供の将棋大会もたくさんありますので沢山参加してください。

戻る