2017年水島子ども将棋教室夏休み大会


7月16日(海の日)に教室最大イベントの夏休み大会を行いました。
平藤眞吾七段にお越しいただき楽しい一日になりました。
大山名人記念館教室の子ども11人を招待して33人の参加でした。

朝9時水島公民館和室で講師と記念写真

左から難波先生狩山奨励会初段、中村先生、
    平藤眞吾七段、大石、荒瀬先生
9時30分から6面指しで指導対局を行いました。

午後は大会なので、上級者は午前中に受けました。
狩山君にもリボンを付けてもらいました。

次回にはこのリボンが使えにようになってほしいものです。
指導対局の待ち時間は練習対局や教室講師と対局
大山名人記念館の岡先生が詰将棋を作ってくれました。

正解者5人に色紙があります。
荒瀬先生、難波先生も指導対局しました。
水島教室の上級者3人です。

田中君、小林さん、狩山君。
指導対局の結果報告と子どもたちにはひとこと感想を言ってもらいました。

記念館の杉本君のお母さんと狩山君のお母さん。

指導対局で勝った子供には鉛筆3本セットを渡しました。
大山名人記念館教室に通ってる平松兄妹妹です。

3人とも強いです。

昼は弁当、ロビーで食べる子どもが多かったです。
午後からの夏休み大会の前に集合写真
平藤七段のご挨拶

中学3年の時に本格的に将棋を習い、高校2年の時にはアマ5段の実力になり奨励会5級でプロ棋士を目指したそうです。

今では考えられない晩学ですね。
ワンポイント講義では格言を2つほど紹介してくれました。

将棋の格言は強くなっても勉強になることが多いそうです。

両取り逃げるべからず、いっぺんに2枚は取られないので
他のいい手を探してみましょう。
午後一番はCクラスの子5人全員、平手で平藤先生と指してもらいました。

プロと対局したということは記念になると思います。
将棋大会は5対局

持ち時間15分秒読み10秒

A級は10人参加
B級は18人参加
C級は5人参加
田中君と記念館の井口君

2人とも集中して対局してる雰囲気がいいですネ。
将棋大会の賞品、

Aクラスは今朝、平藤先生に書いてもらった色紙です。
Cクラスの対局、2人とも超初心者、鼓先に生みてもらわないと
なかなか対局になりません。

ルールはきっちり覚えて、対局できるようになるように、これから頑張ってください。
三宅さんは平手で四間飛車の指し方を指導してもらいました。
文部科学大臣杯で西日本大会で頑張ってください。
平藤先生は対局が終わったあと丁寧に教えてくれます。

実力にあった説明をされていました。



16時過ぎから表彰式と抽選会をおこないました。

Aクラス優勝は荒瀬啓介君5連勝。
3年ぶりに水島教室の子どもが優勝しました。
昨年、一昨年とゲストで来た子供が優勝していました。

A級            
優勝 荒瀬啓介君
2位 栄徳要君
3位 杉本優斗君
B級            
優勝 篠原獅宝君
2位 尾方豪作君
3位 狩山智行君

C級 優勝 寺浦悠太朗君
詰将棋正解者5人に岡先生が作った詰将棋の色紙を
渡しました。
平藤先生には最後に教室からお礼を渡しました。
午後5時から恒例の夕食会。

毎年同じ中華料理店です。
これが一番の楽しみという子供が多いです。
講師陣のテーブル
保護者のテーブル
狩山君にも教室からお礼を渡しました。
19時過ぎに解散。

これから長い夏休みが始まります、
こどもの将棋大会も多いです、楽しい思い出を作ってほしいと思います。

父母会の協力により今年も盛大に夏休み大会ができました、
ありがとうございます。

戻る