2018年水島教室秋季将棋大会

平成30年11月11日、教室最大イベントの将棋大会を開催しました。
大山名人記念館教室の子供も招待しました。プロ棋士西田拓也四段にお越しいただきました。
大山名人記念館から半分くらの方を招待、45人で将棋大会を行いました。

西田4段は朝9時に水島公民館に到着。

教室講師と座談。
会場では朝から練習対局を行っています。
9時40分頃から西田四段の指導対局が始まりました。
6面指し
水島教室出身の狩山幹生奨励会二段にも指導対局してもらいました。
鼓先生と記念館教室の長尾君と対局。
毎年来てくれている三宅美音さんは難波先生と指導対局
記念館教室の釜野君に詰将棋の宿題を持ってきたので採点しました。
西田四段は18人に指導対局を行ってもらいました。
指導対局を受けたこどもに、ひとこと感想を書いてもらまいした。
午前中の練習将棋でも勝った子には2つ敗けた子は1つ、
お菓子を渡しました。

10個くらい取った子もいたようです。
練習将棋もたくさんしました
指導対局の結果報告、ひとこと感想も聞きました。
狩山君も指導が慣れてきましたね。
受付は役員の高田さんと冨岡さん。

夏前に大塚製薬様からもらった、カロリーメイトを渡しました。
練習対局もみなさん楽しんだみたいです。
記念館教室のご父兄です。
昼食は和室で講師と一緒に
午後13時からの将棋大会の前に集合写真
まず西田先生を紹介、将棋大会の説明をしました。
西田先生は京都出身。

中学2年で奨励会入会、高校2年には3段リーグに入ったそうです。

3段の期間が長く、大学でいえば8年かけて卒業といった感じですね。
今期は順位戦6連勝で昇級レースの先頭にたっています。
ワンポイント講義をお願いしました。

自分の実戦譜で居飛車対降飛車の定跡で戦った棋譜です。
かなり難しい手もありましたが、上級の子は
すぐに正解しました。
講師陣も勉強になりました。

みんな熱心に聞いていました
次の1手形式で、簡単な手や、難しい手など出題しました。
手を挙げた子にマイクを渡して答えてもらいました。
講義は約30分で終わり。

高田直人君に教室からお土産を渡しました。
Aクラスは12人で5対局

全勝者はいなく大熱戦でした。

持ち時間10分(秒読み20秒)
Bクラスは17人参加

持ち時間10分(秒読み20秒)
Cクラスは17人で5対局

午前中指導対局できなかったCクラスの子は大会の前に指導対局
を受けました。
Cクラスでは何局か、秒読みを行う対局がありました。
Aクラス優勝は栄徳要君
飛車落ちで参加してもらいました。

全勝者はいなく最後まで混戦でした。
Cクラス優勝は水島教室の中川晃希君


2位は釜野崇太君
3位は筒井湊斗君(水島教室)
C級3位の筒井君

B級優勝は尾方豪作君
2位は狩山智行君(水島教室OB)
3位は高崎正弘君


今年もゲスト参加者が上位入賞
水島教室の子ももっと頑張って欲しかったですが
残念でした。

詰将棋の正解者の中から抽選で5人に岡先生の詰将棋色紙を
渡しました。
入賞できなかった子供にも全員図書カードを渡しました。
帰りに全員、参加賞の菓子袋を渡しました。
16時30分頃終了しました。
17時30分から今年もとらやで夕食会
子供たちのテーブル
父兄のテーブルと
奥は講師陣のテーブル

全部で4テーブルに約30人参加。
毎年子供たちはゲームに夢中

19時に終了、今年も楽しい教室大会となり、良かったです。

今年の教室もあと3回、クリスマス会・納会は12月20日の教室です。風邪をひかないよう注意して全員参加よろしくお願いします。

戻る