第44回さなる杯小学生将棋名人戦岡山県大会


平成最後となる小学生名人戦岡山県大会は参加者75人で過去最高となりました。

朝8時30分、有森先生が来られたので、大山名人記念館職員(大石、岡、中村)と記念写真。

有森先生との写真は初めてです。
有森先生は岡山市出身大山15世名人の孫弟子にあたります。
9時20分から開会式

大山名人記念館館長、棋道師範、岡山県支部連合会常務理事などされている将棋界の重鎮です。
開会式は父兄選手合わせて150人くらいでした。
有森先生のご挨拶

勝負の報告は速やかに行ってくださいと、進行係に気を遣った挨拶
名人戦はトーナメント
代表選に出れない6年生はA級に参加
A級、B級は5対局
A級は10分・20秒の時計を使用。
B級は開始後20分してから3分切れ敗けの時計を使用。

この大会のやり方も定着して、トラブルもなく順位決定できました。
賞状筆耕中
有森先生もA級進行係を協力してもらいました。
名人戦とA級は荒瀬先生が行いました
B級は参加者50人で組み合わせがたいへんでした。

水島の難波先生、津山の森川先生の応援してもらいました。
今日は3勝(勝ち越し)した子供は敢闘賞がありました。
半数近くの子が敢闘賞になりました。
名人戦の入賞者

小野田創来君が優勝、岡山県代表として西日本大会に参加することになりました。
A級入賞者、
優勝は6年生の坂本君
B級入賞者

優勝は高崎正弘君

午後1時30分から有森先生の指導対局。

名人戦の入賞者など15人受けました。
指導対局の待ち時間も会場内で練習対局していました
有森先生の12勝3敗でした。

もう少し勝てる手合いで対局してくれたらといつも思います。

16時頃終了。

戻る