ホーム 言葉の折々 尻取り川柳掲示板 画像掲示板 掲示板 ブログ
朝日と朝焼け 神社 四季の花 木の花 野の花 野菜の花
フォトギャラリー プロフィール

    言葉の折々
高梁市の木野山神社を木の山様として祭られ 信者の人生の指針を教えて下さった藤原都先生が2011年7月に亡くられました。
 
木野山神社は 瀬戸内海大山祗神社の分社です。
 
先生は 木野山神社で修行され 神様のお告げが分かる先達でした。
 
信者の皆様の人生の節々を聞かれ尋ねられ指針を与えて下さいました。
 
その講和の中から載せました。
 
先生は、お参りする度びに まだまだたくさんのお話をして下さいました。
 
しかし、私の記憶不足で一部になりました。
 
2010/08/22    自分が・・・
 
自分が人間道外れない
 
生きていることのありがたさ
 
今を大事に生きていると生命力が出来る
 
明るい色を着る人は長生きをする
 
皮膚にも目がある
 
皴できる人早く死ぬ
 
人間は勝手なことは言わない
 
妬み心は持たない
 
人は心の持ち方一つで人生が変わる
 
他人の喜びを喜べる人は 数十倍の喜びが返ってくる
 
笑って日が経つ人は 良い方向に向かっていく
 
その時々を感謝して暮らす
 
金周りの良い人は 平生の心がけが良い
 
人は下を見て暮らす
 
この上の生活を望まず
 
信仰心があれば徳がある
 
自然を大切に 感情のある人に
 
一日を上手に生きる
 
金に追われず 悩まず 楽に生きる喜び
 
怒らず自然に流されず苦にしない
 
生きることの喜びを知れば長生きできる
 
言葉は一つ控えれば輪が保つ
 
突っ込むと喧嘩になる
 
周囲の人に尊敬されるれ人に
 
惜しまれる人に
2010/08/01    生きていくからには・・・
 
生きていくからには しっかり生きる
 
腹黒くしない
 
相手を悪くすれば 自分に返って来る
 
信仰すると精神的に強くなる
 
身体や心に悩みを持たない
 
相手に合わす
 
神に手を合わせたら後はお任せ
前のページ 目次 次のページ