ホーム 言葉の折々 尻取り川柳掲示板 画像掲示板 掲示板 ブログ
朝日と朝焼け 神社 四季の花 木の花 野の花 野菜の花
フォトギャラリー プロフィール

    言葉の折々
高梁市の木野山神社を木の山様として祭られ 信者の人生の指針を教えて下さった藤原都先生が2011年7月に亡くられました。
 
木野山神社は 瀬戸内海大山祗神社の分社です。
 
先生は 木野山神社で修行され 神様のお告げが分かる先達でした。
 
信者の皆様の人生の節々を聞かれ尋ねられ指針を与えて下さいました。
 
その講和の中から載せました。
 
先生は、お参りする度びに まだまだたくさんのお話をして下さいました。
 
しかし、私の記憶不足で一部になりました。
 
2009/11/17    運は・・・
 
運は信仰心で決まる
 
信仰して器を大きくする
 
神が守ってくれることは絶対にある
 
自分中心にならずに譲り合う気持ちを持つ
 
争いごとをすれば悪いことが7つやって来る
 
生きることが当たり前でなく 生かされている喜び
 
雨が降ればそれでよし 晴れれば又良し ありがとう感謝して暮らす
 
ありがとう 感謝の心を持てば無病で暮らせる
 
真心を持って生きることが大切
 
感謝する心は人の幸せも喜べ 自分も幸せになる
 
自分が幸せになれば、人の喜びも喜べる
 
心が清浄になる
 
無なる心
 
徳積は自分に戻って来る
 
降ってよし 照って良し 毎日美味しく食べ 感謝して食べる人に
 
その都度感謝して生きる
 
ヤケクソになると、自分を焼き燃える
 
寿命が短くなる
 
足らぬ人間は ひがむ わがままが大きくなり 苦労を知らない
 
我慢でき 不足がない 諦めが早い人は心の分限者に
2009/11/01    棲み心地よい
 
棲み心地良い家に神はすむ
 
暖かい家に
 
病気になる人は意志も弱い
 
強い気持ちになる
 
心から 歳をとったと思わないこと
 
深く思うと 体も歳をとる
 
備えあれば憂いなし
 
人生も心から感謝し 不足もなしで ありがとうの暮らしをすれば長生きできる
 
心に外道を入れてはならない
 
お互いに思いやる夫婦に
 
思い思われる夫婦に
 
感謝して夫婦はいきる
 
一人欠けると運命は半分になる
 
家庭の良いうちは繁盛する
 
運命をつかまえる人に
 
逃がさない人に
 
運命は自分で作る
 
善い心に 神は宿る
 
人の喜びを喜べる人に
 
人の喜びを喜べば自分にも喜びがやってくる
 
友達を選ぶ
 
根性強く持てば長生きできる
 
医学は生きることの手伝いだけ
 
生きのびるには気力が必要
前のページ 目次 次のページ