マシン紹介(DosparaTABLET)

型番:A07I−D15A
メーカーDospara
CPUCortex−A9
1.5GHz動作,デュアルコア
メモリ1GB(DDR3)
ストレージ8GB
サウンドオンボード
ディスプレイ7インチ 5点マルチタッチ
解像度:1024×600
ネットワークIEEE802.11b/g/n
使用OSAndroid 4.1
USBMiniUSBポート×1(充電用としても利用可能)

自己紹介のページへ  



 スペックに関して液晶が「IPS方式のパネルを採用」としていながら,「実際の製品がTN方式のパネル」だった,ということで話題になった製品です。
 ただ,その当時タブレット製品に全く興味が無かったこともあって,あっさりと流していました。

 だったのですが・・・それからいくらか経った頃,店頭での実機の小ささと安さ(本体,液晶保護フィルム,専用カバー込みで9980円)を見て・・・この値段ならTN液晶でも文句はないかな&IPS液晶ほどのスペックは必要ないし,などなど,それなりに納得できたこともあって,突撃しました。

 公衆回線へのアクセス手段を持っていないので,自宅などの無線LAN環境下やモバイルルーター環境が必要です。
 実を言えば,コイツを手に入れたがために,XiはUSB接続タイプではなく,モバイルルータータイプを選ぶ羽目になったわけですが(笑)

 後日,「無線LANの感度が微妙に悪い」という記事をネット上で見つけましたが,なるほど,と思う場面はあります。
 無線LAN機能のオフ→オンか,モバイルルーターの再起動で直ることが大半ですが,やっぱりマイナス感はあります。

 これまで2回,起動しなくなったことがあり,完全リカバリをやっています。
 うち1回は,ネット上で見つけた情報を元に,カスタムファームウェアの導入などということをやっています。
 思ったよりも遙かに安かったので,KingsoftOfficeも導入していますが,ちょっとしたデータを閲覧する程度なら十分すぎるスペックです。

 ・・・難点があるとすれば,Windows環境下に慣れてしまっている身としては,パソコンで出来ることが同じようにできないのが意外と不満に感じること位でしょうか(苦笑)

最終更新日:2015年 7月 5日

はじめに 自己紹介 趣味の世界 お気に入り
ブログ
注:別サイトです
情報あれこれ いただきもの 更新履歴
リンク集 2次創作作品集 離れ(自作CG集)